葬式

葬儀費用を事前に把握【良い供養で故人スマイル】

お参りしやすい立地が魅力

利便性の高さが人気に

お墓

海無し県とも呼ばれる埼玉ですが、関東1都6県では中央付近に位置し、同県内を含む各地方からの各種公共交通機関は、多くの路線と本数で乗り入れています。これは埼玉県内と県外の往復がしやすいということでもあり、用事を済ませるには適している立地といえるでしょう。日本の首都である東京は、人口の一極集中が見られ、霊園のような比較的広大な面積を必要とする土地の確保が困難となってきています。そこで注目されているのが埼玉で、まだ開発されていない遊んでいるような土地も多く、面積の広い霊園の数が増加してきています。上述のように公共交通の利便性が高く、首都圏中央連絡自動車の建設も進み、マイカーを利用した移動がしやすい点も、埼玉が人気となる理由のひとつです。

社会情勢から見る動向予測

日本国内では少子高齢化が既に進み、必然的に霊園の需要が増加してきています。このような動向はメディアなどでも頻繁に取り扱われ、人々の意識にも広く浸透していることでしょう。お墓の購入の特徴は、亡くなってから用意するよりも、亡くなる前に本人または家族などが用意するという点です。高齢化が進むということは、自分の入るお墓や霊園を意識する人たちが増加するということでもあり、今後もさらに加速すると予測されます。このほか、高齢者は足腰に不安を抱える人も多く、交通手段の少ない地域への移動は大きな負担です。公共交通機関が発達して移動しやすい埼玉は、お墓参りをする高齢者には適しているともいえ、今後も運営場所に埼玉を選択する霊園が増加すると予測されます。